医学部合格への道

個別指導の医学部予備校もある

個別指導の医学部予備校もある 医学部の予備校は集団の授業が一般的でしたが、最近は個別指導の予備校も出てきました。
医学部の場合は、全科目で高い点数を取らなければ合格できません。
具体的に言えば、どの教科も100点満点で90点以上取らないと合格が難しいのです。
特に苦手な科目がなかったら、集団で授業をする予備校に行っても構いませんが、極端に苦手な科目があったら、個別指導の所に行っても良いでしょう。
個別指導の良いところは、マンツーマンで教えてもらえることです。
マンツーマンなので、自分がよく分からない所を納得のいくまで教えてもらうことができます。
ある科目で基礎の段階から分からなかったら、その部分へ遡って指導してもらうことも可能です。
医学部を希望している人の場合は数学や理科などの理系の科目は良い点数を取ることができても、文系の科目で伸び悩む場合があります。
特に英語を苦手にしている人が多いです。
英語は個別指導に適した科目です。
単語や文法などを先生から直接教えてもらえるので、頭の中に入りやすくなります。
先生の説明が分からない場合は、もう一度説明してもらうこともできます。
全科目の点数がそれほど高くない場合も個別指導の予備校がお勧めです。
個別指導の所で基礎から徹底的に勉強して、少しずつ点数を上げましょう。

医学部予備校の講師の質は高い

一般に、医学部の予備校の講師の質は高いです。
医学部の試験はすべての学部の試験の中で一番難しいので、できるだけ高い点数を取らなければなりません。
生徒に高い点数を取らせるには予備校の講師の質を高くする必要があります。
自分で参考書を執筆して、全国的に有名な先生もいます。
優秀な先生は分かりやすい授業をします。
ポイントをしっかり押さえて、それが生徒の頭の中にきちんと定着するような説明をしていきます。
また一方的に教えるのではなく、生徒の潜在能力を引き出す力も持っています。
ただし、一人一人の生徒との相性は考えなければなりません。
優秀な先生でも相性が悪かったら、成績は伸びないからです。
評判のいい医学部の予備校でも自分に合わない場合があります。
すぐに通う学校を決めないで、慎重に選ぶようにしましょう。
ほとんどの予備校が体験授業を行っています。
それを受けてから自分が通う学校を決めるようにしましょう。
体験授業を受けたら、思い切って講師に質問してみましょう。
丁寧に答えてくれたら、その学校は良心的な所だと判断できます。
それからテキストの内容も調べましょう。
テキストの内容が充実していて、分かりやすく書いてあったら、期待が持てます。

医学部予備校関連リンク

精鋭のプロ講師による1対1の個別指導を受けられる医学部予備校

医学部 予備校